にくきもの

蚊に刺された。
二百十日も過ぎているのに、今年初の虫刺され。
猛暑で蚊が弱ったか、はたまた、ボウフラが湧くような水溜まりはすぐに蒸発してしまうのか。あのブーンと耳障りこの上もない音はとんと聞かない。
嫌なものとはいえお目にかからなければ、清少納言も俳人も、夏の文学を綴れなかったのか。
そんなことを思う台風一過。