教科書と予防接種

わたしの腕には注射痕がある。
種痘やらBCGやら。どれがどれだかもう記憶がない。
天然痘は、昭和31年以降国内発症はなく(昭和55年 、世界中から根絶)、昭和51年日本での種痘義務廃止というのだから、昭和50年以降に生まれた人の腕は綺麗なことだろう。

高齢者から5歳ごとに年齢を区切って、集団接種が進んでいたあの頃、新型コロナのワクチン接種会場で、そんなことを思い出した。
打ち手の看護師さん、
「うぅん。教科書どおり。」
そんな目をしてたような。