ちいさなおともだちへ

中国からやってきた小さなおともだちにおねいがいがあります。

日本では中学校の国語のじゅぎょうでほとんどの人が、中国人作家 魯迅の『故郷』を学習します。とくに最後の文章は名文とされて、多くに日本人に愛されてきました。
それなのに、今では中国ではよまれていないそうですね。もったいないことです。
とても短い小説です。
どうか、日本の中学校でならうまえに、中国語で読んでみてください。