「有り難いお話」

「有り難いお話」には三つある。

一流の講座、講演は、難しい内容でも聞く人の理解力、要望に合わせて、詳しく論じることもシンプルにわかりやすく説明もできている。

二流は、本人が理解するので精一杯。難しいことを難しい言葉で語る。自己満足。

三流は、難しくないことまでやたらと横文字や専門用語を用いて仰々しくお述べになる。