春はあけぼの

やうやう白くなる…空。

久しぶりに外に出た。

民家の門。遅咲きの小手毬とかいう桜の花びらがふりしきる。

ハナミズキが、パンジーが笑っている。

会話ができなくても、道ゆく人を和ませたい。住人の心遣いが感じられる。

三角公園を清掃してくださるイケメンお兄様2人組。良かった、今日も元気で。

「おはようございます。いつもありがとうございますます。」

「おはよう。久しぶりだね。」

「はい。お気をつけて。」

なんでもない言葉のやりとりが、ここまで心を温めるとは。この感受性を忘れまい。

一時間半の小旅行。小一時間も有れば回れる散歩道だったはずなのに、脚力落ちてしまったようだ。

見上げれば青空。

こんなに青かったのだ。窓ガラス越しでは味わえない。