休校中のみなさんへ

お元気ですか。
休校とは、また突然の話で驚かれたのではありませんか。

私たちは、よく、「インターネットを使いこなすには、自己管理能力が大切」と言ってきました。自己管理とは自分の意思(考え)で自分の行動をコントロールすること。

自分が“なりたい自分”になれるよう、よく考えて生活することです。

インターネットはとても魅力的。とても便利。そして、私たちの生活と切ってもきれないほど、現代社会に深く入り込んでいます。
だから、インターネットを扱うIT企業は、とても儲かる最先端の会社です。なぜ儲かるか。それは、インターネットが新しい技術なので、誰もが持っている技術ではない。だから、社会貢献度が大きいこともあると思います。
一方で心配なことも出てきました。
魅力的だから、利用が長時間化。
便利だから、ついつい手抜きのために使う。
生活と切ってもきれないから、適切(本当に必要)な利用と使いすぎの線引きが難しい。

「ネットのことは子供に任せています」
そう言っている大人たちに、私たちはこんな例えを出します。
「スマホは現代の“踏み絵”のようなもの」

勉強にも使えるし、勉強をサボる道具にもなる。

新しい夢を実現することもできるし、夢を諦めても暇つぶしの道具にはなる。

交友関係を広げることもできるし、友情を踏みにじる道具にもなる。

だから、「あなたの使い方次第で未来は変わりますよ」という難問を、若いみなさんに問うのです。

そして、この社会状況です。

「疫病」という言葉が歴史用語かと思っていた現代人に、社会全体でどう立ち向かうかという難問を突きつけてきました。

未知の病です。正解は誰にもわからない。

データを集めながら、現在進行形で世界全体が動いています。

今すべきことは何。反対に我慢しないといけないことって何。

どうする! 現代人!!

これも現代の“踏み絵”なのかもしれません。