スマホが壊れた

それは突然のことだった。何の前触れもなく、スマホが壊れた。

 タッチパネルが反応しない。ただそれだけなので、電話もメールも着信すれば通知音がする。しかし、電話には出られない、メールは開封できないのだ。

 外出中だったので、すぐに修理店に向かう。様々な通知音が応答を急かしてくる。

 まずは、「帰りが遅くなる」と家族に連絡しなければと思った瞬間、はたと気づいた、クラウド上にはバックアップを日々取っているのに、家族の携帯電話番号すら覚えていない自分に。

 この着信音のメールが、仕事の件だったらどうしよう。パソコンからメールしたことのある相手ならば履歴から連絡も差し上げられるが、Eメールをなさらない先輩方には、お電話があっても折り返しの連絡もままならない。

このような外回りの多い活動をしていると、スマホを「個人事務所」のように使い倒していたことに今更ながら驚く。その「個人事務所」が機能不全に陥ったのだ。

 バックアップがあれば大丈夫。それはある意味間違いではないが、緊急時、即座にはクラウド上のバックアップよりも、昔ながらの手帳の「緊急連絡先」だとつくづく思った。

 アナログ健在!

(さ)